マヌカハニー徹底解説!!

”マヌカハニー”という言葉を聞いたことはありますか?マヌカハニーとは、その名のとおり、はちみつです。今、世界中で注目され、人気があるマヌカハニーについて、わかりやすく徹底解説します。

「そもそも、マヌカハニーって何?どんな効果や効能があるの?」
「風邪に効果的なの?のどの痛みには?口内炎には?にきびには?虫歯の予防になるって本当?」
「記号と数値の意味がわからない。どんな症状のときに、どの数値を選べばいいの?」
「おいしいの?初心者でも、効果的で食べやすいものは?」
「食べるときに、気をつけることは?効果的な食べ方ってあるの?」
「美容にもいいの?」

このページは、こんな疑問をお持ちの方向けに、書きました。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。

マヌカハニーとは?

マヌカハニーとは、マヌカという植物のお花の蜜から採れたはちみつのことをいいます。マヌカという植物は、ニュージーランドにのみ自生している、フトモモ科の木で、白やピンク、赤色の梅のようなお花を咲かせます。

ニュージーランドの原住民であるマオリ族は、このマヌカの葉っぱや、樹皮、お花から採れた蜜を、薬として治療に使っていました。ですから、マヌカは、マオリ語で、「復活の木」、「癒しの木」を意味します。

「マヌカハニー」と「はちみつ」の違いは?

「マヌカハニー」と、一般的に売られている普通の「はちみつ」は、違います。「マヌカハニー」は、純粋な天然の生はちみつですが、普通の「はちみつ」は、人工的に作られたはちみつです。両者では、栄養、成分、効果、効能が、全く異なります。もちろん、味、香り、見た目も、全然、違います。

普通の「はちみつ」は、加熱、ろ過、加糖など、人工的に加工されているため、生はちみつのような、風味、栄養、効果や効能は、ほぼ期待できません。詳しくは、こちらをどうぞ。
icon-arrow-right 「生はちみつ」と「はちみつ」の違い

一方、「マヌカハニー」は、純粋な天然の生はちみつであるため、風味もよく、栄養豊富で、しかも、美容や健康によい効果や効能があります。

生はちみつの中でも、特に人気があり、注目をあびているマヌカハニーですが、世界的に有名になったのには、理由があります。それは、マヌカハニーに含まれる、抗菌作用の成分にあります。マヌカハニーは、他の生はちみつと比べて、抗菌作用の成分が、ずば抜けて多く含まれているのです。この抗菌作用は、マヌカハニーが持つ特徴、個性といえます。

どんな効果や効能があるの?

マヌカハニーの効果や効能を、一言でいうならば、ずばり、「菌が繁殖するのを防ぐ力が強い」です。

マヌカハニーの特徴である、この抗菌作用の成分は、UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)と呼ばれます。当時、マヌカハニーに含まれる抗菌作用の成分が何か、はっきり分かっていなかったため、「Unique(独特な)・Manka(マヌカの)・Factor(要素)」という名前がついたのです。

後に、この独特な要素と呼ばれていた、抗菌作用の成分が、MGO(メチルグリオキサール)という物質であることがわかりました。

この成分は、どのような食品にも含まれています。例えば、コーヒーやココアなどにも多く含まれていますが、マヌカハニーには、その何倍、何十倍も多くのMGOが含まれています。

もともと、生はちみつには、殺菌作用がありますが、マヌカハニーは、この殺菌作用に加えて、高い抗菌作用も持っているのです。つまり、体に悪さをする菌を殺すお手伝いもしてくれるし、それ以上、菌が増えないように、つまり、悪化しないように、菌の繁殖を防ぐお手伝いも、してくれるということです。

これらのことから、マヌカハニーは、美容と健康をサポートしてくれる、代表的なはちみつとなりました。

具体的に、どのような菌に効果的なのかというと、例えば、風邪の菌、インフルエンザのウイルス、胃ガンのピロリ菌、にきびのアクネ菌、虫歯のミュータンス菌など、体にとって好ましくない菌やウイルスに効果があります。

これらの菌に効く、マヌカハニーの殺菌作用と抗菌作用ですが、おもしろいことに、善玉菌や正常な細胞には影響しません。マヌカハニーが、善玉菌や正常な細胞を、傷付けることはないのです。それについては、こちらをどうぞ。
icon-arrow-right メディカルハニーとは?はちみつとお薬の違い

危険・警告 (!) 殺菌作用とは、字のごとく、菌を殺す作用のことをいいます。ただし、全ての菌を殺さなくても、一部の菌を殺すだけでも、殺菌作用があるといわれます。一方、抗菌作用とは、菌を殺したり、減少させるのではなく、菌の繁殖を防ぐ作用のことをいいます。

記号と数値の意味は?

マヌカハニーをよく見てみると、何やら記号と数値が書いてありますよね。これらは、マヌカハニーの特徴である抗菌作用が、はちみつの中に、どのくらい含まれているのかを示しています。しかし、記号も数値もたくさんあって、よくわかりにくいですよね。一つずつ、見ていきましょう。

まず、数値の前についている記号です。UMF、MGO、Bio Active、TA、MGSなど、いろいろなものが書かれていますが、これらの記号は、検査方法の違いを表しています。それぞれ、検査方法が違うのであって、どの記号が良いとか悪いとか、優れている劣っているとか、一概にはいえません。下に、それぞれの記号の意味を簡単にまとめましたので、興味のある方は、読んでみてください。

次に、数値についてです。10+、20+、100+、400+など、いろいろな数値が書かれています。これらの数値は、マヌカハニーの特徴である抗菌作用の強さを表しています。同じ記号であれば、数値が大きくなればなるほど、抗菌作用も強くなることを意味します。「数値が大きい方が、抗菌作用も強いんだな」と、捉えていただければ、大丈夫です。

代表的な記号と数値は、それぞれ、こんな感じで、対応しています。

UMF5+ MGO30+ Bio Active5+
UMF10+ MGO100+ Bio Active10+
    MGO200+ Bio Active14+
UMF16+ MGO250+ Bio Active16+
UMF20+ MGO400+ Bio Active20+
UMF25+ MGO500+    

それぞれの記号の意味を、簡単に説明しますね。興味のない方は、とばしてください。

UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)

UMFにつく数値の意味は、「このくらいの濃度の消毒液(フェノール)と、同じ効果がありますよ」ってことを示しています。つまり、UMF20+であれば、「20%濃度の消毒液と、同じ効果がありますよ」という意味です。

MGO(メチルグリオキサール)

MGOにつく数値の意味は、「マヌカハニー1㎏の中に、このくらいの抗菌作用成分が入ってますよ」ってことを示しています。つまり、MGO100+であれば、「マヌカハニー1㎏の中に、100mgの抗菌作用成分が入っていますよ」という意味です。

Bio Active(バイオアクティブ)

Bio Activeにつく数値の意味は、「2%濃度の消毒液と比べて、このくらいの効果がありますよ」ってことを示しています。

TA(トータルアクティビティー)

TAにつく数値の意味は、「はちみつから発生される過酸化水素と、はちみつの抗菌作用成分をあわせて、このくらいの効果がありますよ」ってことを示しています(過酸化水素については、後述してあります)。

例えば、過酸化水素10+、抗菌作用成分10+のはちみつがあるとします。このはちみつを、UMFの記号で表示する場合は、抗菌作用成分のみを示すため、UMF10+となります。同じはちみつを、TAの記号で表示する場合は、2つをあわせたものを示すため、TA20+となります。

危険・警告 (!) TAは、マヌカハニー以外の生はちみつにも表示されています。仮に、過酸化水素18+で、抗菌作用成分2+のはちみつであったとしても、同じようにTA20+と表示されますので、TAにつく数値が大きいからといって、抗菌作用が強くなるとは限りません。

MGS(モラン・ゴールド・スタンダード)

こちらの記号は、UMFを作った人が、2010年に、新しく作ったものになります。ですから、MGSにつく数値の意味は、UMFと同じです。つまり、MGS10+であれば、「10%濃度の消毒液と、同じ効果がありますよ」という意味です。

同じマヌカハニーなのに、なぜ数値が違うの?

マヌカハニーには、なぜ、いろいろな数値のものがあるのでしょう?マヌカハニーの数値は、そのはちみつが採れるマヌカの木によって、変わってきます。つまり、マヌカの木の種類、生えている場所、育つ環境によって、数値が変わってくるのです。木によっては、数値がでないものもあります。

数値が大きい、つまり、抗菌作用成分を多く含むものは、マヌカの中でも、白いお花を咲かせるものです。また、ニュージーランドの南島ではなく、北島に生えているものが、抗菌作用成分が多く含まれていて、数値も大きくなります。

一方、数値がついていないマヌカハニーも売られています。数値がついていない理由は、2つあります。1つは、そのマヌカハニーに含まれる抗菌作用成分が少ない、もしくは、ない場合です。もう1つは、そのマヌカハニーの生産者さんが、検査するお金をかけたくなくて、検査をしていない場合です。

ですから、抗菌作用を期待して、マヌカハニーを買おうと考えている方は、数値がないものではなく、数値がついているものを選ぶといいです。ただし、数値がついていても、偽物の場合もあるので、きちんとしたメーカーや、検査証明書がある商品を選んでくださいね。

どういう症状のときに、どのくらいの数値を選べばいいの?

マヌカハニーは、ついている数値が大きくなればなるほど、抗菌作用も強くなります。それでは、できるだけ数値が大きいものを食べた方がいいのでしょうか?

「美容と健康を考えるなら、高い数値のものを毎日、食べたほうがいい」と、考える方も、いらっしゃるでしょうね。実際に、それをうたい文句にして、販売されているメーカーさんもいらっしゃいます。もちろん、それを否定するわけではありません。それぞれの立ち位置で、期待しているものは違うでしょうから。

ただ、特別な症状でお困りの方ではない、普通の人が、数値が大きいものを、しかも、毎日、積極的に食べる必要はないかもしれません。

マヌカハニーが生産されているニュージーランドでは、UMF10+(MGO100+)以上であれば、医療用として、その効果が認められています。そして、UMF20+(MGO400+)以上のものは、外部局所用に使われます。つまり、口内炎やヘルペス、ケガしたお肌やにきびなどに、直接、ぬるものとして使われています。

別の視点で見てみましょう。例えば、「UMF25+を、毎日、何杯も食べる」ということは、どういうことを意味するのでしょうか?それは、「25%濃度の消毒液と同じ効果があるものを、毎日、何杯も食べる」という意味になります。それが、美容と健康にとって、良いのか悪いのか、下の例も参考に、ご自身の体と相談しながら、判断してみてくださいね。

数値別、症状の例

クローバー UMF5+(MGO30+)、UMF10+(MGO100+)
特別、困った症状がない、普通の人や、何となく体調がすぐれない日などにおすすめ。風邪の予防や、美容と健康の維持が目的の場合。

クローバー UMF16+(MGO250+)
慢性的な症状でお困りの人や、ちょっとした症状が出ている日などにおすすめ。のどが痛いなど、症状の改善を期待する場合。

クローバー UMF20+(MGO400+)以上
外部局所用。口内炎、ヘルペス、傷、にきびなどに、直接、ぬるのがおすすめ。食べるのであれば、特別な症状でお困りの人や、とくに体調がすぐれない日に、短期間の摂取で、症状の改善を期待する場合。

マヌカハニーの上手な選び方

マヌカハニーは、ニュージーランドで、年間、約1,700トンが生産されています。しかし、世界中で、販売されているマヌカハニーは、年間で約10,000トンにもおよびます。その差は、約8,300トン。ニュージーランドでしか、生産されないはずなのに、この8,300トンものマヌカハニーは、一体、どこで作られているのでしょう…。

いかに多くの偽物が、出回っているか。残念ながら、ニュージーランド産や、記号と数値の表示があるからといって、本物であるとは限りません。購入する際には、注意が必要です。せっかく、効果を期待して、大切なお金を使って買うのですから、偽物のマヌカハニーは、避けたいですものね。

まず、他のマヌカハニーに比べて、あまりにも安いもの、安すぎるものは、おすすめしません。なぜなら、安いマヌカハニーは、ブレンドされたものが多く、抗菌作用も弱いものが多いためです。

おすすめは、商品に、ロット番号がついているものや、検査証明書がついているものです。なぜなら、ロット番号のあるマヌカハニーは、そのメーカーさんの品質管理が徹底していることを意味しているからです。

それぞれのロット番号には、「いつ、どこで生産され、どのような成分が、どれだけ含まれている」などの情報が含まれています。もし万が一、何か問題が起きた場合でも、そのロット番号のみを回収することができます。そのメーカーさんが、商品に責任を持っている証なので、不正が行われる可能性が少ないといえます。

市販で購入する場合は、有名デパートや、自然食品を扱っているお店、はちみつを専門に扱っているお店などで、買うのがいいです。ちなみに、そういうお店では、大体、マヌカヘルス社さんのもの、コンビタ社さんのものなどが、よく売られています。

マヌカハニーを買うのが初めての方は、どんな味がするのか、おいしいのか、初心者でも食べられるのか、など、いろいろな不安があると思います。実際に、どのような味がするのか知りたい方は、次の目次ページから、興味のあるマヌカはちみつの記事を、チェックしてみてくださいね。
icon-arrow-right 実際にどんな味がするの?

食べるときの注意点と効果的な食べ方

体にいいからといって、たくさん食べる必要はありません。食べ過ぎは、かえって、体によくありません。UMF5+を2杯食べたからといって、UMF10+を1杯食べたのと、同じ効果になるわけではありません。

1日の適量は、ティースプーン2~3杯とされています。何か特別な症状で困っている場合は別ですが、そうではない普通の人が、無理して、「毎日、2~3杯は必ず食べなきゃ!!」と、がんじがらめになる必要はありません。1日、1杯でもいいですし、毎日ではなく、気になるときに食べるようにしてもいいのです。

マヌカハニーを食べるとき、注意してほしいことが2つあります。1つ目は、できるだけ満腹時をさけて、空腹時に食べることです。2つ目は、なるべく加熱しないで食べることです。

なぜ、満腹時よりも空腹時の方がいいのかというと、マヌカハニーの得意分野は、直接、粘膜に働きかけることです。ですから、食べ物でいっぱいの状態より、食べ物があまりない状態の方が、マヌカハニーが、粘膜のすみずみにまで行き届くため、効果的であるからです。

また、加熱しない方がいい理由は、マヌカハニーの栄養素が、熱にとても弱いためです。加熱してしまうと、大切な栄養素が失われてしまうため、なるべく、加熱は避けた方がいいです。ただし、マヌカハニーに含まれる抗菌作用の成分は、熱に強いので、抗菌作用のみ、期待するのであれば、加熱したり、温かい飲み物に入れるなどしても、大丈夫です。

では、最も効果的な食べ方は、どのようなものなのでしょうか?最も効果的なのは、夜、寝る前に、マヌカハニーを1杯、直接なめることです。夜、寝る前になめるといい理由については、こちらの記事をどうぞ。
 美容と健康には夜寝る前の1スプーンが効果的

そして、次に、効果的なのは、朝、起きたてに、マヌカハニーを1杯、直接なめることです。なぜかというと、胃の中が空っぽの状態であるからです。空腹時がよい理由については、先程、説明したとおりです。

ただ、「そうはいっても、独特な味がするため、そのまま、直接なめるのはちょっと…」という方もいらっしゃるでしょう。そういう方は、無理して、直接なめる必要はありません。他のものと、おいしく食べましょう。イヤイヤ無理して食べるよりも、「おいしい!!」と認識して食べる方が、体にとっても、心にとっても、絶対にお得です。

マヌカハニーがおいしく食べれて、なおかつ、免疫力も高まる、とっておきの、おすすめの食べ方があります。気になる方は、こちらをどうぞ。
 クセのある生はちみつも、これならおいしく食べられる

危険・警告 (!) 子どもと一緒に食べる場合は、お子様が、1歳を過ぎてからにしてくださいね。その理由については、こちらをどうぞ。
 生はちみつを食べる前に知っておきたい基礎知識

美容にはどういいの?

世界三大美女として知られるクレオパトラと楊貴妃は、その美しさを磨くために、はちみつを取り入れていました。彼女たちは、はちみつパックをしたり、ローションとして使ったり、お風呂に入れたりして、その美しさを維持していたのです。つまり、はちみつは、薬としてはもちろんのこと、美を磨く材料としても、古くから、取り入れられてきました。

マヌカハニーをはじめ、生はちみつには、豊富な栄養素、保湿効果、殺菌作用があります。マヌカハニーは、これらに加えて、さらに、高い抗菌作用も持ちあわせています。これらの美肌に効果的な作用は、体の内側にも、外側にも、喜ばしい効果を発揮してくれます。

まずは、食べて得られる美容の効果について見ていきましょう。

「お肌は内臓を映す鏡」という言葉を聞いたことはありませんか?これは、「お肌が荒れているときは、内臓も荒れているんですよ」ということを意味している言葉です。つまり、体の内側の粘膜の状態と、体の外側のお肌の状態は、関係しているということです。

もともと、生はちみつは、「粘膜の修復」に優れています。マヌカハニーは、この「粘膜の修復」に加えて、高い抗菌作用を持っています。ですから、マヌカハニーを食べることは、傷付いたり、荒れている粘膜を修復し、体に悪さをする菌の繁殖を防ぐ効果があります。

体の内側にある粘膜をきれいにすることは、体の外側にあるお肌をきれいにすることにつながります。目に見えないケアは、時間差はあれど、目に見える効果につながるのです。

次に、ぬって得られる美容の効果について見ていきましょう。

マヌカハニーを含め、生はちみつには、強い殺菌作用があります。これは、生はちみつに含まれる酵素(グルコースオキシターゼ)が、「過酸化水素」というものを作るためです。「過酸化水素」とは、消毒液(オキシドール)の成分です。

この生はちみつがもつ、強い殺菌作用は、肌の上の悪玉菌だけをやっつけて、善玉菌を傷付けることはありません。マヌカハニーは、この強い殺菌作用に加えて、高い抗菌作用も持っています。ですから、マヌカハニーをお肌にぬることは、悪玉菌をやっつけ、菌の繁殖を防いで、お肌を清潔に保ってくれることにつながります。

ですから、お顔のにきびや、吹き出物でお困りの方は、直接、マヌカハニーをぬってみてください。お肌に常にいる善玉菌はそのままに、にきびの原因であるアクネ菌だけをやっつけ、その繁殖も防いでくれるため、にきびや吹き出物の改善が期待できます。

にきびや吹き出物の数が少ない場合は、1つ1つに、直接ぬるといいです。もし、いくつもあったり、全体的にある場合は、フェイスパックがおすすめです。フェイスパックのやり方については、こちらをどうぞ。
icon-arrow-right 美肌に生まれ変わる!!生はちみつを使ったフェイスパックの方法

なお、マヌカハニーは、他の生はちみつに比べて、若干、お値段が高いです。「マヌカハニーの高い抗菌作用は魅力的だけど、お金が…」という方は、他の生はちみつでも、吹き出物に、効果的なものがありますので、無理して、マヌカハニーを使わなくても大丈夫です。もちろん、お金に余裕のある方、なんとしても皮膚を改善させたい方は、ぜひ、マヌカハニーでのケアを試してみてください。
 美肌に効果抜群!!フェイスパック使用で選ぶならベスト3

まとめ

メモ マヌカハニーとは、マヌカという植物のお花の蜜から採れた、はちみつのことをいう。
メモ マヌカハニーは、天然の生はちみつであり、風味もよく、栄養豊富で、高い殺菌力と抗菌力がある。普通のはちみつは、人工的に作られたものであり、栄養をはじめ、マヌカハニーのような効果や効能は期待できない。
メモ マヌカハニーは、風邪の菌、インフルエンザのウイルス、胃ガンのピロリ菌、にきびのアクネ菌、虫歯のミュータンス菌など、体にとって好ましくない菌やウイルスに効果がある。
メモ マヌカハニーについている記号と数値は、抗菌作用の強さを示したものである。同じ記号であれば、数値が高い方が、抗菌作用も強いことを意味する。
メモ マヌカハニーを買うときは、偽物に注意する。他と比べて、安すぎるものは避ける。商品に、ロット番号がついているもの、検査証明書がついているものがおすすめ。
メモ マヌカハニーを食べるときは、できるだけ空腹時に、なるべく加熱しないで食べる。
メモ マヌカハニーは、体の内側にも外側にも、美容に喜ばしい効果を発揮してくれる。

スポンサーリンク