はちみつができるまで

はちみつは、蜂さんが、一生懸命働いて作ったものです。お花の蜜から、はちみつになるまでには、たくさんのプロセスがあります。それぞれのプロセスで、担当する蜂グループが決まっており、みんなで協力し合いながら、はちみつを作っています。

お花の蜜をとってくる

このグループの蜂さんは、お花をさがして、蜜をとってくることが担当です。お花をさがし、見つけたら「見つけたよ~目」の合図を仲間に送って、グループみんなで、目的のお花の蜜をとりにいきます。

蜂さんの「蜜胃」と言われる袋がいっぱいになるまで、花から花へと、お仕事をしていきます。そして、袋がいっぱいになったら、蜜を巣箱へ持ち帰ります。

お花の蜜を受けとる

このグループの蜂さんは、外から帰ってきた蜂さんから、蜜を受けとることが担当です。水バケツリレーのように、蜂から蜂へと、口移しで蜜を渡しながら、最終的に、「蜜房」と言われる場所に、蜜をためていきます。

この口移しリレーを通して、お花の蜜に、蜂さんの体の中にある酵素が加わります。そして、その酵素の働きによって、蜜は「ブドウ糖」と「果糖」に分解されていきます

蜜の水分をとばす

このグループの蜂さんは、蜜房にためられた蜜の水分を飛ばすことが担当です。ためられた蜜は、まだ、はちみつ特有のトロトロ濃度のものではありません。蜂さんは、羽をパタパタさせながら、巣の温度を調整し、空気を循環させて水分をとばしていきます。

ちなみに、ニホンミツバチは、頭を巣の入り口に向けて、巣の中に、外の空気を送り込んで、水分をとばしていきます。一方、セイヨウミツバチは、頭を蜜房に向けて、巣の中の空気を、外に送りだして、水分をとばしていきます。

そして、ちょうどよい濃度になったら、蝋(ろう)で膜をはって、蜜房にふたをします。

はちみつのできあがり

蝋(ろう)でふたされることが、はちみつのできあがりの合図です。巣の中にある蜜房の大部分が、ふたされたとき、それが、はちみつを採取するタイミングとなります。おいしい、おいしい、はちみつのできあがりです手 (チョキ)

危険・警告 (!) 上記以外にも、別の仕事をしているグループがあります。例えば、お掃除担当グループ、子育て担当グループ、巣作り担当グループ、巣の門番担当のグループなどです。みんなで協力しあって、はちみつを作っているのです。蜂さん、どうもありがとうハートたち (複数ハート)

 

スポンサーリンク